ヴァンガード 値引き

ヴァンガードを最安値で買うためにゼッタイに必要なある秘訣

あなたが車を乗り換えて最安値でトヨタ ヴァンガードを買いたいのなら、絶対に忘れてはいけないある秘訣があります。それは、
あなたの愛車の下取り価格を事前に知っておくこと!

 

「???」ですか。では、
なぜ愛車の下取り価格を事前に知っておくことでヴァンガードを最安値で買えるのか?をお教えします。

 

なぜ、愛車の「下取り」が重要なのか?

トヨタでも日産でもホンダでも、ディーラーで値引き交渉をする時に、ほとんどの方は愛車の下取相場が分からないので、営業マン主導で下取価格が決まってしまいます。
営業マンがよく使うテクニックに「値引き充当」があります。これは、「値引額を高くするかわりに、下取価格を安くする」というディーラーの交渉テクニックです。

 

(解説の図を挿入予定)

 

見た目の値引き額は上積みされていますが、実は下取り額を調整しているだけです。営業マンのテクニックに惑わされずに、値引き交渉を有利に進めるには、

「下取価格」と「値引額」を分けて見積もりを出してもらう
愛車の「下取相場」を把握しておく

の2点が重要です。

 

車買取専門業者とメーカー系列のディーラーでは買取査定額が全然違う!

トヨタや日産、ホンダなどのメーカー系列のディーラーは、販売業者なので、車買取の下取りは本業ではありません。

 

ディーラーでは下取りした車を系列の中古車販売店に流すだけなので、車買取専門業者のような「車買取=仕入」の高度なノウハウを持っていません。高い金額で下取りしてしまうと、中古車販売店へ流すのが大変なので、下取り価格は低めに査定します。

 

また、トヨタのディーラーでも、日産やホンダ、マツダなど他のメーカーの車種を下取りします。でも、メーカー系列の中古車販売店では、他のメーカーの中古車を高く販売できるだけの販売網を持っていません。高い金額で下取りしてしまうと、売れない不良在庫になってしまうので下取り価格は買取専門業者よりも低めになります。

 

値引き交渉の時に「これから新車を買うんだから、下取りも高い査定をしてくれるんだろうな」と、勝手に思い込んでいませんか?実は、ディーラーの下取りではあまり高い査定額は出せない事情があるんです。

ヴァンガードの購入を検討しているアナタ。まずは愛車の下取り相場を把握しておきましょう!

愛車の下取り相場を知るためには、車買取専門業者に愛車の査定をしてもらいます。車買取業者によって、査定額が違いますので、複数の業者に見積もりを依頼して、一番高い査定額を知ることが大切です。
でも、複数の車買取業者をまわって査定してもらうのは、いくらヴァンガードを安く買うためとはいえ大変ですよね。

 

そこで利用したいのが、複数の業者に査定依頼が一括でできる無料のオンラインサービスです。無料で利用できる一括査定サービスはいくつかありますが、管理人がオススメなのはズバット車買取比較です。
ズバットは、ガリバー、カーセブン、ラビット、カーチス、ジャック、などの大手買取業者をはじめ、全国の加盟業者から無料で一括査定ができます。

 

⇒管理人イチオシのズバット車買取比較はこちら

 

ヴァンガード 値引き交渉|3つの交渉ポイント

ヴァンガードの値引きをディーラーの営業マンと交渉する際に押さえておきたい3つのポイントです。チョット手間がかかりますが、ヴァンガードを安く買うためなので、最低限このくらいの努力は必要ですね。

日産 エクストレイルや三菱 アウトランダー、スバル フォレスターなどライバル車と見積額を競争させる
年度末・決算月を狙う
トヨタ系列の別のディーラーと値引き額を競争させる

ディーラーの値引き額には上限があります。ニューモデルや人気車種では、値引き額はあまり期待できません。まずは、値引き額を最大に引き出してから、事前に調べておいた愛車の下取り相場と比較して交渉します!

トヨタ ヴァンガード 概要

メーカー希望小売価格
242.0 万円 〜 336.5 万円

 

ボディタイプ: クロカン・SUV
排気量: 2,362 〜 3,456cc
燃費: 9.6 〜 13.2km/l

 

ヴァンガードは、2010年2月のマイナーチェンジで
内外装のデザインを変更、2.4L車の燃費を向上させて、
従来型の50%から75%減税とした。

 

また、カラードオーバーフェンダーや18インチアルミホイールなどを
標準装備する240S"Sパッケージ"を追加設定した。

 

2012年9月には、240Sをベースにした特別仕様車
「240S"Sパッケージ・アルカンターラ リミテッド"」が発売された。

 

 

ミディアムクラスの新SUVとして2007年8月に発売されたヴァンガードは、
RAV4のロングボディ版で、外観デザインはRAV4のイメージを残しつつも、
アクティブでアーバンなライフスタイルに応えるモデルとして開発された。

 

RAV4に比べて全長が235mm長く、ホイールベースも100mm長い。

 

搭載エンジンは直列4気筒2.4リッター(125kW)とV型6気筒3.5リッター(206kW)の2機種で、
全車ともS-VSCとの協調制御を行うアクティブトルクコントロール4WDが採用された。

 

2008年8月には、2.4リッターエンジンを搭載した2WD車が追加設定され、
全車にアクティブヘッドレストを標準装備した。