インプレッサG4 値引き

インプレッサG4を最安値で買うためにゼッタイに必要なある秘訣

あなたが車を乗り換えて最安値でスバル インプレッサG4を買いたいのなら、絶対に忘れてはいけないある秘訣があります。それは、
あなたの愛車の下取り価格を事前に知っておくこと!

 

「???」ですか。では、
なぜ愛車の下取り価格を事前に知っておくことでインプレッサG4を最安値で買えるのか?をお教えします。

なぜ、愛車の「下取り」が重要なのか?

スバルでもトヨタや日産でも、ディーラーで値引き交渉をする時に、ほとんどの方は愛車の下取相場が分からないので、営業マン主導で下取価格が決まってしまいます。
営業マンがよく使うテクニックに「値引き充当」があります。これは、「値引額を高くするかわりに、下取価格を安くする」というディーラーの交渉テクニックです。

 

(解説の図を挿入予定)

 

見た目の値引き額は上積みされていますが、実は下取り額を調整しているだけです。営業マンのテクニックに惑わされずに、値引き交渉を有利に進めるには、

「下取価格」と「値引額」を分けて見積もりを出してもらう
愛車の「下取相場」を把握しておく

の2点が重要です。

車買取専門業者とメーカー系列のディーラーでは買取査定額が全然違う!

スバルやトヨタ、日産、ホンダなどのメーカー系列のディーラーは、販売業者なので、車買取の下取りは本業ではありません。

 

ディーラーでは下取りした車を系列の中古車販売店に流すだけなので、車買取専門業者のような「車買取=仕入」の高度なノウハウを持っていません。高い金額で下取りしてしまうと、中古車販売店へ流すのが大変なので、下取り価格は低めに査定します。

 

また、スバルのディーラーでも、トヨタやホンダ、日産など他のメーカーの車種を下取りします。でも、メーカー系列の中古車販売店では、他のメーカーの中古車を高く販売できるだけの販売網を持っていません。高い金額で下取りしてしまうと、売れない不良在庫になってしまうので下取り価格は買取専門業者よりも低めになります。

 

値引き交渉の時に「これから新車を買うんだから、下取りも高い査定をしてくれるんだろうな」と、勝手に思い込んでいませんか?実は、ディーラーの下取りではあまり高い査定額は出せない事情があるんです。

インプレッサG4の購入を検討しているアナタ。まずは愛車の下取り相場を把握しておきましょう!

愛車の下取り相場を知るためには、車買取専門業者に愛車の査定をしてもらいます。車買取業者によって、査定額が違いますので、複数の業者に見積もりを依頼して、一番高い査定額を知ることが大切です。
でも、複数の車買取業者をまわって査定してもらうのは、あなたが欲しいインプレッサG4の新車を安く買うためとはいえ大変ですよね。

 

そこで利用したいのが、複数の業者に査定依頼が一括でできる無料のオンラインサービスです。無料で利用できる一括査定サービスはいくつかありますが、管理人がオススメなのはズバット車買取比較です。
ズバットは、ガリバー、カーセブン、ラビット、カーチス、ジャック、などの大手買取業者をはじめ、全国の加盟業者から無料で一括査定ができます。

 

⇒管理人イチオシのズバット車買取比較はこちら

 

インプレッサG4 値引き交渉|3つの交渉ポイント

インプレッサG4の値引きをディーラーの営業マンと交渉する際に押さえておきたい3つのポイントです。チョット手間がかかりますが、インプレッサG4を安く買うためなので、最低限このくらいの努力は必要ですね。

マツダ アクセラセダンやトヨタ アリオン、日産 ティーダラティオなどライバル車と見積額を競争させる
年度末・決算月を狙う
スバル系列の別のディーラーと値引き額を競争させる

ディーラーの値引き額には上限があります。ニューモデルや人気車種では、値引き額はあまり期待できません。まずは、値引き額を最大に引き出してから、調べておいた愛車の下取り相場と比較しながら交渉します!

スバル インプレッサG4 概要

メーカー希望小売価格
155.4 万円 〜 233.1 万円

 

ボディタイプ: セダン
排気量: 1,599 〜 1,995cc
燃費: 16.4 〜 20km/l

 

 

インプレッサは2011年11月フルモデルチェンジし、
4代目モデルに進化している。

 

 

新世代のボクサー(水平対向)エンジンを始め、
新リニアトロニックCVT、アイドリングストップ機構などの
最新技術が盛り込まれている。

 

 

従来のモデルは5ドアハッチバックがベースだったが、
新型インプレッサはG4と呼ぶセダンを基本に開発されている。

 

オーソドックスな4ドアセダンながらすっきりした外観デザインで、
傾斜を強めたCピラーによってスタイリッシュに仕上げられている。

 

ボディの全長と全幅は従来と同様だが、
ホイールベースを25mm延長して後席の居住性を高めている。

 

 

搭載エンジンは、新世代の水平対向4気筒で、
排気量は1.6リッターと2.0リッターの2機種を設定。

 

2機種とも自然吸気DOHCエンジンで、
1.6リッターは85kW(115ps)/148Nm、
2.0リッターのは110kW(150ps)/196Nmのパワー&トルクを発生する。

 

 

駆動方式は、AWDが基本で2WD車の設定もある。
トランスミッションは、CVTが基本で
1.6リッターのAWD車には5速MTの設定もある。

 

横滑り防止装置のVDCは、全車に標準装備している。
グレードにより、追突軽減ブレーキのアイサイトが装備されている。

 

 

新しいCVTやアイドリングストップ機構の採用により、
1.6リッター車では最高で20.0km/Lの燃費を達成している。

 

 

インプレッサG4の値引きの秘訣を知っていますか?これを知らないで値引き交渉をすると損します!関連ページ

スバル BRZ
インプレッサスポーツ
インプレッサXV
フォレスター
レガシィアウトバック
レガシィツーリングワゴン